オーナー紹介

加盟オーナーの方々からフランチャイズ本部に寄せられる声は、まさに様々です。
子どもたちを指導していく過程で、逆に教わったこともあるという学習塾ならではの
貴重な体験談も数多く寄せられています。

img

個別指導スクールIEを13教室経営する会社社長。
「まだまだ増やします!」

スクールIE オーナー紹介

PROFILE

籃谷 勝生 57歳
スクールIE、WinBe、チャイルド・アイズの併設を東京都、神奈川県で13校経営。
東京ガイダンス(株)代表取締役 【会社概要】従業員数:200名/年商:約3.8億円/所在地:東京都大田区/事業内容:スクールIE・WinBeの運営、ビジネスコーチング、レンタルスペース業

Q1.独立・起業のきっかけは?

英会話スクールをやろうと思って
拓人という会社に出会った

某空港関連企業で総務として20年近く勤務し、主に防災や保安についての業務を担当していました。取引先には外国の方も多く、自社にも外国籍のスタッフがいたりなど、英語での会話が身近な生活。私も英会話スクールに通って勉強してましたね。だから自分で独立を考えた時、最初は英会話スクールはどうだろうと思ったんです。そこでWinBeという英会話スクールのFC事業を知り、拓人という会社に出会いました。ビジネスモデルも非常に面白かったし、社員さんのレスポンスもとにかく早い。開業後のサポートも万全だということで、WinBeを開校することになったんです。ところがそこからが思わぬ方向に話は進んでいくんです。

スクールIE オーナー紹介

Q2.独立・起業のプロセスは?

スクールIE オーナー紹介

スクールIEを11教室経営!
複数教室運営で知った本当の魅力

WinBeの開校準備と並行して、実はスクールIEを強く勧められていて。こちらは個別指導塾で、英会話とは別物。しかしお勧めされるだけあって、利益率はもちろん、社会的貢献度も非常に高くて、魅力的だなあと。そこでWinBe開校の1か月後、スクールIEも開校させてしまいました(笑)。そこから順調に教室数を増やし、気づけば11教室のオーナーです。思い返すと1校目の開校を前にして、拓人の松田社長から「早く2校目、3校目を出してくださいね」と言われていたんですが、当時は「まだ1校目もOPENしてないのに、気が早い人だなあ」と思っていました(笑)。でも複数教室を運営するようになって、このビジネスの本当の魅力・強みが理解できましたね。

今だから笑える話

拓人の実績やシステムの素晴らしさは
知っていたが、最初はやはり不安だった

拓人のビジネスモデルは非常によくできていて、だからこそ契約を決めたわけですが、実際に開校するときには「生徒は集まってくれるだろうか」という不安もありました。しかし、リプレ課の言うとおりに折込チラシを配布したところ、2~3ヶ月後には60名以上の入塾が!さすが、20年以上教育ビジネス一筋でやってきた会社だと思いましたね。本部のサポートは本当に心強いです。

Q3.仕事の魅力・やりがいは?

生徒の人生を間近で応援できる幸せ
家族ぐるみで通って下さるファミリーも

スクールIEの教育システムは、生徒の成績UPに驚くほどの効果をもたらします。最近ではオーダーメイドテキスト【夢SEED】などの登場もあり、よほどのことがなければ成績は下がりません。生徒たちが志望校に合格し、夢の実現に一歩一歩近づいていく様子を見られるのは、本当に幸せです。こういう事業を長くやっていると、お兄ちゃんから末っ子まで、家族ぐるみで通って下さるファミリーができてきたりもして、嬉しい限り。先日も、うちの塾を卒業した子が、立派なOL姿を見せにきてくれましたよ。今後はこの地域でさらに教室数を増やし、もっともっと多くの生徒の人生を応援していきたいと思っています。

スクールIE オーナー紹介
私のON/OFF

市民マラソンや駅伝にも参加。
オーナー仲間と一緒にゴルフもします。

走るのが好きなので、ジョギングはけっこうします。10kmの市民マラソンに出たり、社員たちを誘って一人5kmの駅伝に参加したりもしましたね。あとは出社前に朝ドラを見るとか(笑)。社員旅行ではグアム・香港・上海などに行きました。ゴルフは、月2回程度、オーナー仲間と一緒にコースを回ったりします。特に複数校を経営し始めてからは、経済的な余裕ができましたね。

スクールIE オーナー紹介
FC事業説明会 資料請求